コンピュータって何?

Appleの最新CMに非常に感銘を受けました。 このCMを見れば、彼らが作っているのはただスペックの高いマシンとしてのコンピュータではなく、使うことで人々を創造的にするツールだと分かります。 子供が庭で横になってiPadを使っています。 母親が「コンピュータで何してるの?」と聞くと、 「コンピュータって何?」と聞き返しました。 この意味がわかるでしょうか? この子にとってこれは、大人の考えるマシンとしてのコンピュータではなく、自分の創造性を発揮できる唯一無二の「iPad」というツールなのです。 自分の作るプロダクトが、ユーザーにとって唯一無二なものになっているか。どうすれば使う人にとって特別な存在になれるか。プロダクトを作る人間として、とても胸に響くCMでした。…

中国最大のメディア企業『Bytedance』の超アグレッシブな拡大戦略

中国最大のメディア企業『Bytedance』の拡大戦略について考えてみます。 Bytedanceとは Bytedanceは中国を拠点とする複数のメディアサービスを運営する巨大企業です。最大のサービスは、2012年にリリースされた『Toutiao(今日頭条)』で、AI技術を用いてウェブ上に存在する記事を独自アルゴリズムで評価・選定したものをアプリ上で配信するサービスです。基本的には自分たちでコンテンツを作ることはなくて、アグリゲーションしてくるサービスモデルです。コア技術は精度の高いアグリゲーションアルゴリズムなので、その技術に対するR&Dに積極的です。 最近はTikTokやMusical.lyなどのUGCショート動画プラットフォーム、TopBuzzやBuzzVideoなどの動画コンテンツアグリゲーションに展開して、メディア企業としてのカバー領域が拡大しています。 Bytedance - Products and Services 事業の概要については他に詳細に解説している記事がいくつかあるので、以下のリンクからご覧ください。 AI at Bytedance AIなどあらゆる技術を駆使し全自動でニュースまとめ&作成&配信する「Toutiao」急成長の秘密 Musical.ly買収で話題。中国の2兆円ニュースアプリToutiaoを徹底解説 中国で急成長するニュースアプリ「今日頭条」――アクティブユーザー1億5000万人のアプリとは? Bytedanceの戦略考察 さて、Bytedanceの基本情報の解説は上の参考リンクに任せるとして、ここからは彼らの戦略を考察していきます。 なぜアグリゲーションアプリが成長したのか? Bytedanceが名を挙げたきっかけはToutiaoの成功です。なぜToutiaoは成功したのでしょうか?…

テクノロジーだけでは足りない

Apple のプロダクト思想 Steve Jobsが晩年、iPadについてのスピーチの中でAppleの根底に流れるプロダクトについての考え方を説明したシーンがあった。 I've said this before, but I though it was worth repeating. It's in Apple’s DNA that technology alone is not enough — it’s technology married with liberal arts, married with the humanities, that yields us the results that make our heart sing. これはこれまでにも言ったことですが、繰り返して言うだけの価値があります。…