テクノロジーだけでは足りない

Apple のプロダクト思想

Steve Jobsが晩年、iPadについてのスピーチの中でAppleの根底に流れるプロダクトについての考え方を説明したシーンがあった。

I've said this before, but I though it was worth repeating.
It's in Apple’s DNA that technology alone is not enough — it’s technology married with liberal arts, married with the humanities, that yields us the results that make our heart sing.

これはこれまでにも言ったことですが、繰り返して言うだけの価値があります。
"テクノロジーだけでは不十分"という考え方がAppleのDNAには刻み込まれています。テクノロジーはリベラルアーツや人間味と結びついてこそ、私たちの心を躍らせるようなことができるのです。

Nowhere is that more true than in these post-PC devices. A lot of folks in this tablet market are rushing in and they're looking at this as the next PC. The hardware and the software are done by different companies and they're talking about "speeds and feeds" just like they did with PCs.
Our experience and every bone in our body says that that is not the right approach to this.

「PCの次のデバイス」において、この考え方は特に重要です。タブレット市場には多くのプレイヤーが参入し、これがPCの次のマーケットになると見込んでいます。ハードウェアとソフトウェアを別々の会社が開発し、そのスペックの高さをアピールしているようです。ちょうど彼らがPCのときにやっていたように。
私たちの経験から、そして人間の根源的な感覚から言って、これは正しいアプローチではありません。

These are "post-PC" devices, that need to be even easier to use than a PC, that need to be even more intuitive than a PC. And where software and hardware and applications need to intertwine in an even more seamless way than they do on a PC.

これは「PCの次のデバイス」です。それはPCよりも圧倒的に使いやすく、PCよりも圧倒的に直感的である必要があります。ソフトウェア、ハードウェア、アプリケーションが、PCのときよりもはるかに優れた方法で結びついていなければいけません。

We think we're on the right track with this. We think we have the right architecture not just in silicon but in the organization to build these kinds of products. So I think stand a pretty good chance of being pretty competitive in this market and I hope that what you've seen today gives you a good feel for that.

私たちはその点でいい線を行っていると思います。私たちは正しいアーキテクチャを持っています。それは技術としてだけでなく、そのようなプロダクトを作ることができる"組織のアーキテクチャ"があるということです。この市場において競争的な立場になれるチャンスがあると思います。今日はその雰囲気を掴んでもえれば嬉しいです。

Think different を体現する Apple

「ライバルがバラを10本送ったとして、自分は100本送ろうと考える人にはイノベーションは起こせない」という言葉がある。これはAppleのイノベーション精神を的確に表している。つまり、ライバルと同じやり方で規模を拡大すれば勝てると考えるのではなく、ライバルとは全く違うアプローチを考えろということである。

Appleは、Steve Jobsが復帰した90年代後半から今まで、Think differentを体現したプロダクトを作り続けている。

SonyのWalkmanが全盛のポータブル音楽プレイヤーの市場に、MP3形式で1000曲持ち歩ける美しい箱に入ったプロダクト「iPod」で参入し、見事に大半のシェアを奪った。カスタマーが求めるのは音質ではなく、たくさんの曲を気軽に持ち歩けることだと考えて、それに最高のプロダクトを作ることで応えた。

NOKIAやBlackberryなどのQwertyキーボードが埋め込まれた端末こそがスマートフォンだと言われていた市場に、誰でも直感的に操作できるタッチパネルとそれに特化したインターフェースを組み合わせた「iPhone」で参入し、スマートフォンの概念を全く変えてしまった。Jobsがキーノートで宣言した通り、再発明したのである。

任天堂のプロダクト思想

日本を代表する企業である任天堂には、Think differentに近い思想がある。「枯れた技術の水平思考」である。
任天堂のゲーム機は、競合であるSonyのPlay Stationシリーズに比べるとコンピュータとしてのスペックは劣ることが多いが、その技術をどのように使って面白いゲームを作るかを徹底的に考えて作られている。

「枯れた技術の水平思考」を強烈に体現して見せたのが、『Nintendo Labo』である。使っているのはただのダンボール。これ以上ないほど枯れた技術を使って、こんな創造的なおもちゃを作ることが任天堂以外にできるだろうか。

技術よりも、物の見方

Appleや任天堂は、普通の企業と違った物の見方をする。iPod、iPhone、Nintendo Labo。技術的にはどれも他の企業が作ることだってできたのに作れなかった。

テクノロジーはいつの時代も常に急速に進歩している。それを追いかけていないと取り残される強迫観念のようなものまで生むほどに。
今であれば、AR/VR、Deep Learning、IoT、そしてBitcoinおよびBlockchain。テクノロジーのカンブリア爆発と言ってもいいほどである。

このような時代だからこそ忘れてはいけないのが、「技術よりも物の見方」の精神だと思う。いつの時代も、周りに流されず自分たちを信じて独自の道を開拓した人や企業が最終的に大きな成果を生んでいる。テクノロジーだけでは足りない。

Show Comments